鳥出神社
とりでじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】鳥出神社 伊勢国 朝明郡鎮座

   【現社名】鳥出神社
   【住所】三重県四日市市富田2-16-4
       北緯35度0分17秒,東経136度39分22秒
   【祭神】日本武尊 事代主命
       (配祀)天照大御神 豊石窓神 大鷦鷯天皇 菅原道真 櫛岩窓神
       波迩夜須毘古神 波迩夜須毘売神 応神天皇 天児屋根命

   【例祭】8月14日 例祭
   【社格】旧県社
   【由緒】創祀の年代は詳らかでない
       安永9年’1780)11月回禄の災
       明治2年3月明治天皇御東幸の際官幣使参向
       同6年3月村社
       同8年12月教部省から式内社確定
       同39年神饌幣帛料供進社指定
       昭和17年7月県社

   【関係氏族】
   【鎮座地】移転の記録はない
        所在地に異説はない

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「飛鳥明神」「若一権現」と称していた
   【社殿】本殿神明造
       拝殿・神門・神饌所・神馬舎・手水舎・社務所

   【境内社】

富田駅南、線路の西に接して鎮座する。
日本武尊が能褒野(のぼの)で死去したときに、尊は白鳥となって熱田に向かったが、その白鳥がこの地に憩いまた飛び発ったところから「鳥出」と名付けられたと言われている。
この地は富田御厨の地とされ神宮御厨の一とされている。
当社を式社とするに異論はない。
当社本殿の造営は神宮式年遷宮の時の古殿の用材を拝領して行われる古例がある。
当社の有名な神事に、鯨船行事がる。地元の四町からそれぞれ鯨船が曳き出され、四隻の鯨船で捕鯨の様子を表現する本練では、鯨の発見から銛打ちまでを鯨船を利用して演じている。


鳥出神社

縣社 鳥出神社
三重縣四日市市大字東冨田 鎭座
御祭神 日本武尊
    事代主神
    末社 二座 合祀 十六座
御由緒
、本社は、延喜式内、伊勢國朝明郡二十四座中の鳥出神社にして、主祭神日本武尊、事代主神を齋き奉り古來、朝明地方に於ける中心の神社として崇敬せられ、徳川時代には「富田六郷の総氏神」たりしことは、今も人口に会灸たり。安永年間、不幸火災に罹り古博を失ひたるも、古典中には本社に関する丈献多し、之を抄録すれば
神名帳考証三(伊勢朝明郡)出口延経 鳥出神社富田村鳥鳴海神爲正北方富田村社称飛鳥社神賀詞奈流美命古事記言大國主神生子鳥鳴海神今言富田
大日本史 二百五十四(神祇十一、神社六、伊勢國朝明郡)水戸藩
鳥出神社〔今在東富田村飛鳥明神〕伝言、祀日本武尊(古事記傳神社要録)日本武命薨世、葬之能褒野神霊化白鳥、白北域出而飛去(日本書記、古事記)社號蓋因此
古事記傳二十九 (日代宮、四之巻)本居宣長
鈴鹿郷能煩野より、濱に向ひ往座むには奄芸郡、河曲郷、三重郡の内の海辺なるべし、鈴鹿郡の東南方より東北方に亘りて、此三重郡並て海は其東なればなり、又、神名式に朝明郡に鳥出神社あり、或説に此れ、倭建命の白鳥と化て飛出給ひし地なる故に、鳥出とは言なり、今は此あたりを富田と言ふは、登利伝を訛れるなるべし。
明治2年3月、明治天皇 御東幸の御砌に亀井中將を官幣使として参向、奉幣せしめ賜ひ、御神徳いよいよ高く、地方近郷の総氏神社として、崇敬益々深きを加ヘ、明治39年12月、三重縣告示第380號を以て、神饌幣帛料供進社に指定せられ、明治40年及41年には近郷の神社を合祀し総て鳥出神社と単称す。
本社の造営に当りては古く天正13年以來、神宮御式年御造営毎に、神宮の御建造物を拝領し、今日に及び現今の御本殿、御神門、瑞垣、鳥居社務所等何れも御古材に拠り営繕せられたるものなり、昭和17年7月21日神砥院153総第3號を以て社格を縣社に進められたり。
祭祀
歳且祭   一月一日
元始祭   一月五日
山神祭   一月七日
紀元節祭  二月十一日
初午祭   旧初午日
天神祭   二月二十五日
桃節句   三月三日
学童卒業祭 三月十日
祈年祭   三月十五日
春季皇霊祭 春分ノ日
勧学祭   四月四日
天長節祭  四月二十九日
菖蒲祭   五月五日
大祓    六月三十日
蛭子祭   旧六月二十日
例祭   八月十四日・十五日・十六日
秋季祭  十月十三日・十四日・十五日
明治節祭 十一月三日
新嘗祭  十一月十三日
七五三神事十一月十五日
大祓   十二月三十日
除夜祭  十二月三十一日
特殊神事
例祭 八月十四日 鎮火祭
当日、氏子各町内青年は、若屋(青年取締の町内中老にして祭礼は勿論平素に在りても青年の世話監督をなす)に集合して、丈余の笹竹に特種な松火(藁を以て造る)を釣りたるを神前廣揚に運ぶ、往時は鐘太鼓にて道中せしも今は廃れたり、神前に参着すれば勢揃ひして、先づ縄銭(荒縄に取つけたる賽銭)の数輪を奉献して神職御神火を松火に移す、燃ゆる神火の笹竹は若者達に依りて振舞はさる、これに依りて悪魔神を払い除き、氏子の無事息災を祈念する。此神事を修了して、初めて鯨船の練行が開始せらるゝものなり。
例祭 八月十五日 鯨取神事
柱古の捕鯨を神事としたるもの、鯨船の燦美は筆舌に尽くし難く、観る人をして唖然たらしむべく、荒海に鯨追ふ所作をなす様は、豪快、海國民の本領を発揮して遺憾なし。
天明元年御座船を造り相殿の漁神若一権現の御旅所に渡御あり、此年大漁なりしと、御座船は今社宝となる。鯨船神事も此時より始ると云う。
祀職
江戸時代以前に於いて執奏家に関する古伝あるも詳ならず、寛文8年、神社御改帳には吉田家の支配に関し、喜多嶋家祀職は、大織冠藤原鎌足公三十三世、吉野中納言藤原正高卿の三男、徒四位直興卿、以來代々鳥出神社に奉仕し連綿として、今日に及べる、世襲の神官なり。

由緒書



鳥出神社の鯨船行事

重要無形民俗文化財
「鳥出神社の鯨船行事」は、北勢地方に分布する全国的にも珍しい陸上の模擬捕鯨行事の中で最も典型的なものです。行事は氏子圏の4つの組(北島組・中島組・南島組・古川町)からそれぞれ1隻ずつの豪華な彫刻や幕で飾られた鯨船山車(神社丸・神徳丸・感応丸・権現丸)が出され、これで張りぼての鯨を追いかけ、反撃を受けては再び追い詰めてこれを仕留めるという一連の演技を繰り返し行うものです。祭日は8月14日と15日に行われ、14日に町練り、15日には鳥出神社への練り込みが行われます。この行事は鯨を大漁や富貴(ふうき)の象徴と見なし、これを仕留める演技を行うことによって大漁や富貴を祈願する行事として民俗学的に注目されています。(『北勢鯨船行事調査報告書』参照。)

四日市市HP



伊勢国INDEXへ        TOPページへ


学校統廃合