大椋神社
廃絶し現在不詳 所在地ボタン 社名ボタン





   【延喜式神名帳】大椋神社 山城国 紀伊郡鎮座 

   【現社名】廃絶
   【住所】旧祉は京都市伏見区弾正町付近
              
   【祭神】不詳
   【例祭】−−−



おおくらじんじゃと読む。延喜式神名帳に載る以外古文献に所見なく由緒等不明。
久世郡巨椋神社と同じく、干拓以前の巨椋池周辺にあつて、『新撰姓氏録』左京神別に見える大椋置始連らの祀るところであつたのであろう。
旧祉は京都市伏見区弾正町付近という。
伏見の旧森村にあった住吉神社を大椋神社に比定する説がある。


大椋神社

大椋は於保久良と訓べし、(椋一本作掠、」また巨椋、旦椋、朝椋、和泉の穂椋、近江越前の大椋、」万葉に椋禰山、」姓氏録椋垣椋橋みな木篇を用ふるに從ふ、下皆これに倣ふべし、)○祭神詳ならず○伏見御香宮西南、與力町に在す、(山城志云、旧名森村、伏見九村其一也、因曰森住吉)
考証云、鳥羽城南寺神社在秋山邊、疑大椋神社乎、祭神大倉比売命、と云るは、共に推量の説にて、其証慥なられば從はず、
類社
近江國伊香郡、越前国敦賀郡大椋神社、(各一座)山城國久世郡巨椋神社、

神社覈録



山城国INDEXへ        TOPページへ