敬満神社
けいまんじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】敬満神社(名神大) 遠江国 城飼郡鎮座

   【現社名】敬満神社
   【住所】静岡県島田市阪本4054番地の1
       北緯34度49分2秒,東経138度12分13秒
   【祭神】敬満神 (配祀)天照皇大神 速須佐之男尊
       (合祀)建御名方命 事代主命 軻遇突知命 御食都神 高皇産霊神

   【例祭】10月15日 例祭
   【社格】旧郷社
   【由緒】垂仁天皇26年創祀
       仁寿3年(853)11月名神『文徳天皇実録』
       貞観2年(860)正月従四位下『三代実録』
       醍醐天皇の時国幣大社・名神祭
       天正年間掛川藩主山内一豊領寄進
       明治6年3月郷社
       同44年10月神饌幣幣料供進神社指定

   【関係氏族】秦氏
   【鎮座地】古くは大井川付近にあったか

   【祭祀対象】氏祖
   【祭祀】
   【社殿】本殿流造銅板葺
       拝殿・神符投與所・社務所・手水舎

   【境内社】水神社

大井川の南側に広がる牧の原台地を利用した牧の原大茶園の東端に鎮座する。
現在の祭神は「敬満神」(けいまんのかみ)である。明治以降、祭神を少彦名命としていたが、昭和13年に敬満神に訂正された。元々の祭神はこの一帯に勢力を持った秦氏の祖の功満王であるとする説もあるが不詳である。
、『神名帳考証』では古くは大井川付近にあったが水害により現在地に移転したとする。


敬満神社

祭 神 敬満神 少彦名命
天照皇大神・速須佐之男尊
合 祀 建御名方命・事代主命・阿遇突知命・御食都神・高皇産霊神
例祭日 十月十五日
境内社 大楠神社・水神社
御由緒
 当社は、遠く垂仁の朝26年の創祀と伝えられ(社伝)文徳の朝、仁寿3年に名神に預る神社に列せられ(文徳実録)清和の朝、貞観2年には「正四位下」を授けられ(三代実録)醍醐の朝には、国幣大社の列にあった(延喜式)ほどで、まさに古社であり名社であった。近世に至り徳川幕府からは、先規に倣って社領を寄進せられるなど、皇室を始め武門の崇敬が篤く、古代榛原郡の中心榛原郷、その主邑たる初倉の鎮護として、この地方の尊崇極めて温厚なるものがあった。降って明治維新の際、明治4年5月太政官より「官社以下定額」が布告された。それに因って郷土初倉の産土神として、明治6年郷社に列せられ、次で神選幣帛料供進神社に指定された。
尚昭和21年1月由緒上、県社たる資格のある旨神祇院から認定された。例祭日は郷内の祝日(旗日)として官公衛、学校を始め各戸休業して、敬意を表するのが通例であった。祭日には、諸社の管者としての地方長官の代理官として郡長、地方事務所長若くは村長が奉幣使となって参向し、また村の名誉職、学校長、職員生徒児童など、多人数が参列して、盛大に祭典が執行されたものである。
こんな状況は、終戦時まで続いたが、戦争終結後の、神社制度変革を経て、国家管理をはなれた神社は、一抹の淋しさを帯びつつも、全氏子の団結力に支えられ、その赤誠こもる奉仕によって古社、名社のおもかげの保存につとめつゝ、現在に至っている。

社頭掲示板



敬満神社

当社は、遠く垂仁の朝26年の創祀と伝えられ(社伝)文徳の朝、仁寿3年に名神に預る神社に列せられ(文徳実録)清和の朝、貞観2年には「正四位下」を授けられ(三代実録)醍醐の朝には、国幣大社の列にあった(延喜式)ほどで、まさに古社であり名社であった。近世に至り徳川幕府からは、先規に倣って社領を寄進せられるなど、皇室を始め武門の崇敬が篤く、古代榛原郡の中心榛原郷、その主邑たる初倉の鎮護として、この地方の尊崇極めて温厚なるものがあった。降って明治維新の際、明治4年5月太政官より「官社以下定額」が布告された。それに因って郷土初倉の産土神として、明治6年郷社に列せられ、次で神選幣帛料供進神社に指定された。

静岡県神社誌



遠江国INDEXへ        TOPページへ

学校情報