許禰神社
こねじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】許祢神社 遠江国 山名郡鎮座

   【現社名】許禰神社
   【住所】静岡県袋井市木原 282
       北緯34度44分38秒,東経137度54分7秒
   【祭神】伊弉諾命 (合祀)速玉男命 事解男命
   【例祭】10月第2土曜日 例祭
   【社格】旧郷社
   【由緒】大宝2年熊野権現を勧請
       永保2年(1082)社殿造営
       天文23年(1554)今川義元所領安堵
       永禄4年(1561)今川氏真所領安堵
       慶長7年(1602)徳川家康七十石朱印高寄進
       慶応4年(1868)現社名に改称
       明治6年郷社
       同44年神饌幣帛供進社指定

   【関係氏族】
   【鎮座地】移転の記録はない

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「木原権現」「熊野権現」と称していた
   【社殿】本殿
       幣殿・拝殿

   【境内社】八幡神社・須賀神社

太田川のすぐ東側の平野の中で集落の中央に鎮座する。
もとは、木原権現とも熊野権現とも称していたが、慶応4年(1868)現社名に改称した。


許禰神社

袋井市木原字明神に在り、元熊野権現社と称し今右の名に改む。速玉男命・伊弉冊尊・事解男命の三神を奉斎す。
伝えて式内許禰神社と謂う社記によれば「門奴天皇の御宇大宝3年紀伊国牟婁郡在馬村熊野皇太神を勧請す。
往古の記録は今存せらるも中古崇光院の御宇今川五郎入道範国の二男従五位伊予守造営しその後の天文元年紀伊国鈴木因幡守吉勝増補し、その後慶長10年徳川家康公御殿を造営せらる。安政元年11月14日震災にて皆潰となる。当時の神殿は自普請となる。
御朱印の儀は木原郷の内七十石慶長7年9月29日家康公より頂戴し神供祭礼無懈怠勤来候処明治7年4月上地に相成候。往古は許禰神社と唱え中比に至り熊野権現と相唱え維新以来仏語に似たるを以て古社名を廃して許禰神社の旧に復せり」云々とあり。
今郷社たり明治44年8月11日静岡県告示第273号を以て幣帛料を供進し得べき神社に指定せらる。

社頭掲示板



許禰神社(木原権現社)

遠江では平治元年(1159)以後、しばしば熊野新宮を造営する費用をまかなうための国に指定されたので、多数の熊野神社が建てられました。袋井市域でも、土橋で熊野権現社、松袋井で熊野十二社神社が現在でも祭られていることから、古代末期より和歌山県の熊野山とはたいへん深い関係にあったことがわかっています。
木原の許禰神社とは、かっては木原権現社と呼ばれ、古代末期に創建されたと考えられています。許禰神社は。古代の神社名帳(式内社)のなかに見られる神社で、一説には古代の許禰神社が木原権現社になったともいわれています。
木原権現社の神主を代々つとめた木原家には、「木原権現由来記」という全長17mもある巻物が残されています。由来記には、ある日、木原の子供に熊野の神がのり移り、この地に熊野の神を祭れば、洪水を防ぎ、穀物の実りを豊かにするお告げがありました。天才に苦しんでいた村人は、早速に熊野の神を祭った。これが木原権現社の由来だと記されています。当時の民衆が神様に対して切なる願いを記録した貴重な資料となっています。
平成12年8月  袋井市教育委員会

社頭掲示板



遠江国INDEXへ        TOPページへ

学校DATA