神妻神社
かづまじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】馬主神社 遠江国 周知郡鎮座

   【現社名】神妻神社
   【住所】静岡県浜松市天龍区佐久間町半場 746
       北緯35度4分17秒,東経137度47分46秒
   【祭神】武甕槌神 (配祀)大国魂神 伊弉冉神
   【例祭】10月16日前の日曜日 例祭
   【社格】旧郷社
   【由緒】宝亀2年(771)創祀
       慶安3年(1650)鹿島大明神と称す
       元文元年(1736)神妻大明神と称す
       明治3年馬主神社と改称
       同6年神妻神社と改称郷社
       同40年神饒幣帛料供進社指定

   【関係氏族】
   【鎮座地】移転の記録はない

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「鹿島明神」と称していた
   【社殿】本殿流破風造柿葺
       幣殿・拝殿

   【境内社】

天龍川と大千瀬川の合流点の南に聳える神妻山の中腹に鎭座する。


由緒

沿革
宝亀2年(皇紀1430世紀770)11月に創立され、関野大明神、鹿島大明神、神妻大明神また馬主神社とも称えられてきたが、明治6年3月に神妻神社と改められた。
ご神徳
日本の建国に大功を立てられた神様で、強い心と身体を願い、運を切り開く神様として厚い信仰があります。
祭儀
祈念祭2月17日、例祭10月16日、新嘗祭11月23日、歳旦大秡月次祭

全国神社祭祀祭礼総合調査 神社本庁 平成7年




遠江国INDEXへ        TOPページへ

学校統廃合