山住神社
やまずみじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】芽原川内神社 遠江国 周知郡鎮座

   【現社名】山住神社
   【住所】静岡県浜松市天龍区水窪町山住230
       北緯35度8分4秒,東経137度54分50秒
   【祭神】大山祇命 事解男命 伊弉册命 速玉男命
   【例祭】11月15日 例祭
   【社格】旧県社
   【由緒】和銅2年伊予国大山祇神社より遷祭
       貞観2年(860)正月27日従四位下『三代実録』
       同16年2月23日従四位上
       保元年中(1156−58)守屋兵部大輔が熊野大神を勧請
       応永29年(1422)藤原貞茂造営
       永正10年(1522)奥山良茂造立
       慶長6年(1601)神領寄進
       明治5年県社

   【関係氏族】
   【鎮座地】勝坂または門桁、気多の宮川に創建という
        のちになつて現在地に移した

   【祭祀対象】ヤマのミ(霊)のこと、即ち山の神を祭る神社
   【祭祀】江戸時代は「山住三社(三所)大権現」「山住権現」「山住社」と称していた
   【社殿】本殿
       幣殿・拝殿

   【境内社】高根神社・十六神社・常光神社

山住山の山頂にあり、境内には樹齢1260年の巨大杉がある。(県の天然記念物)
和銅2年元明天皇の御代伊予国越知郡大山祇神社より遷祭したと伝える。
初め勝坂にあつたとか、門桁、気多の宮川に創建し、のちになつて現在地に移したという。


由緒

山住神社は静岡県磐田郡水窪町山住230に鎮座せられ、御祭神は日本総鎮守大山祇命にして、和銅2年元明天皇の御代伊予国越知郡大山祇神社より遷祭し山住大権現と号す。
56代清和天皇の御代貞観2年1月27日遠江国正五位下苅原河内守従四位下を授けられ、同16年2月23日遠江国従四位上を授けられ、勅使を2回下向せられた延喜年中式内社に列せらる。
永正10年6月7日103代後柏原天皇の御代奥山郷高根城主大膳守武運長久の祈願にて御造営(高根城跡は水窪町久頭合に有り)。越えて105代正親町天皇の御代元亀3年徳川家康公浜松御在城の時(31歳)三方原の戦い利あらず当神社へ逃げる。敵は家康公を追って当神社に迫るや一天俄にかき曇り辺りは薄暗く日暮れの様相と化し、風腥く霊山全域にてウオーウオー地響きのするうなり声起こり、敵はこの奇声に胆を潰し退散、これを以て家康公安泰に難を逃れる。翌天正元年正月17日(32歳)お礼御参社あり、天正4年宝剣2振、慶長19年宝剣1振奉納せらる。
慶安2年8月17日徳川幕府累世御朱印を賜る。114代桜町天皇の御代享保18年3月16日雷火の為本殿幣殿を始め宝蔵に至るまで焼失したため御普請御免のお許しを請んとし、大宮司山住大膳亮禰宜高木三郎太夫を従え、時の将軍吉宗公に直参の際将軍の御意を以て夏6月江戸において臨時祭を斎行すると一天かき曇り寒気甚だしく降雹あり。御感浅からず直ちにご普請差し許されたりと明治5年山住神社と改め、県社に列せらる大神は専ら邪気退散魚漁豊足家内安全商売繁盛お犬様信仰の御霊験あらたかで往時より遠近の信者登山参拝するもの甚だ多い。海抜1100メートルに鎮座、周囲2丈余の御神木(神社庁指定)老杉は天然記念物として県からも昭和46年8月3日指定されている。

全国神社祭祀祭礼総合調査 神社本庁 平成7年




静岡県指定天然記念物

山住神社のスギニ本
日通り A 7.01m  B 9.20m
根廻り  10.50m 10.30m
樹高   40.00m 41.00m
枝張り(東西)18.00m 22.10m
   (南北)17.00m 13.80m
樹令釣 1300年
材積約 104立・方メートル(376石)
今時指定となつた山住杉は和銅2年(709年)この地に神社鎮座の頃御神木として植栽されたものと推定され樹令1300年有余(昭和34年伊勢湾台風による倒本の年輪によつて確認できる)が数えられ、この樹齢に比して旺盛な樹勢は稀らしいとされている。
山住杉の由来
この付近一帯の杉ば元録9年(1696)2月今からおよそ300年前山住家23代大膳亮茂辰公が当時幕府御用材の乱伐を憂え、遠く伊勢より三万本の杉苗を購入し、この地方における造林の第一歩を印した。以来大膳亮は没年の延享元年(1744)まで48年間実に36万本に及ぶ杉檜の拡大造林を進め、明治、大正期東京市場での「山住杉」の名声を残すと同時に、今日における天竜林業の振興の基礎を築いたこれから由緒ある杉は山住神社境内外に幾星霜を経た歴史の曲跡をしのぶことができる。
昭和46年8月3日指定

社頭掲示板



遠江国INDEXへ        TOPページへ

学校名簿