田中神社
たなかじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】田中神社 遠江国 磐田郡鎮座

   【現社名】田中神社
   【住所】 静岡県磐田市中泉1689
       北緯34度42分41秒,東経137度50分42秒
   【祭神】宇迦之御魂命
   【例祭】8月9日近い日曜日 例大祭
   【社格】旧村社
   【由緒】敏達天皇4年(575)6月所祭
       享保20年(1735)9月9日現地へ遷
       明治6年3月村社

   【関係氏族】
   【鎮座地】旧社地田中森(現在中泉御殿場)
        享保20年(1735)9月9日現地へ遷

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「手長大明神」と称していた
   【社殿】本殿
       拝殿・水屋

   【境内社】

磐田駅の北西丘の上に鎮座する。街中。境内は児童公園やゲートボール場となっており開けた明るい社。
旧社地田中森(現在中泉御殿場)より享保20年(1735)9月9日現在地に遷祀。
徳川家康が現在の磐田駅の真南にあたる地に中泉御殿を造り、狩りを楽しんだとき、そのすぐ近くに大きな松のある田中神社があったので、家康はこれをいやがって、西の原野に移されたと伝。


遠江国INDEXへ        TOPページへ

学校情報