服織神社
はたおりじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】服織神社 遠江国 長上郡鎮座

   【現社名】服織神社
   【住所】静岡県浜松市東区豊町2501
       北緯34度46分19秒,東経137度48分15秒
   【祭神】穗日命 (合祀)建御名方命
       『神名帳考証』多奈波太姫命
       『神祇宝典』天棚機姫神
       『神社覈録』「祭神詳ならず」
       『巡礼旧神祠記』「祭神未考」

   【例祭】8月25日 例大祭
   【社格】旧郷社
   【由緒】創建は和銅元年(708)
       慶長6年(1601)朱印高十一石社領寄進
       明治8年2月郷社
       同43年9月神饌幣帛料供進社指定

   【関係氏族】
   【鎮座地】移転の記録はない

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「権現社」「若一王子」と称していた
   【社殿】本殿流造
       幣殿・拝殿・社務所・神庫

   【境内社】招魂社・秋葉神社

豊西小学校北、豊田川西岸近くに鎮座する。
和銅元(708)出雲の国より勧請。当時天竜川沿いのこの地には多くの織物職人が住んでいたという。


服織神社由緒

当社は、今からおよそ1280年前、元明天皇の和銅元年(708)出雲国から、神様をお迎えして造られたといわれている。
祭神は「天穗日命」 (織物・文学の神)と「建御名方命」(織物の機械の神)で、その当時は、天竜川沿いのこの辺には、織物に関係した職人が集団で住んでいたらしい。
当社は、延喜式内神名帳にのせられており、明治8年(1876)郷社に列せられ、8月25日の例祭日には、幣帛使と呼ばれる人が見えて、紅白の絹布を献上し、豊西村長をはじめ、小学校の児童達も参列した。
昭和30年(1955)本殿が改築された。
昭和52年(1977)拝殿が改築された。
昭和56年(1981)静岡県神社庁より社格十等級に認証されている。
平成3年8月吉日

社頭石碑



歌碑

社頭月 小栗廣伴
紅葉の夜の 綿もあらはれて 羽鳥の宮に すめる月哉

社頭掲示板



遠江国INDEXへ        TOPページへ

学校DATA