熊野三神社
くまのさんじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】登勒神社 遠江国 麁玉郡鎮座

   【現社名】熊野三神社
   【住所】静岡県掛川市平野309
       北緯34度45分11秒,東経137度58分39秒
   【祭神】伊邪那岐神 事解之男命 速玉之男命
   【例祭】10月9日 例祭
   【社格】
   【由緒】由緒不詳

   【関係氏族】
   【鎮座地】

   【祭祀対象】
   【祭祀】
   【社殿】本殿
       拝殿・社務所

   【境内社】

鎌倉時代、文永年間(1364−75)に、紀伊(和歌山)熊野より勧請という。
当社を登勒神社に比定する説がある。



熊野三神社

御祭神 伊邪那岐神 事解之男命 速玉之男命
由緒
鎌倉時代、文永年間(1364−75)に、紀伊(和歌山)熊野より勧請(神仏の分霊を別の所に迎えて祀ること)したと言い伝えられ、熊野権現・平野権現・六所大明神等と呼ばれ、曽我庄七ヶ村の氏神として祀られてきた。
江戸時代、慶長9年(1604)に伊奈忠次の検地により、神田十五石とされ、慶安元年(1648)御朱印地となる。当時は、社領百二十石を有し、社叢は荘厳を極め、境内八百間私法といい、三間に五十間の馬場は平野■にあった。参勤交代で東海道を往来した大名は、善光寺( 国津)にあった大鳥居の前で駕籠から出て、熊野権現(平野権現)に向かって旅の無事を祈って手を合わせたと伝えられている。
明治6年(1875)まで、輿松と称する松二本鬱蒼とあったが、地租改正の際、領家村開墾により古松を伐採したことは惜しむところである。この年郷社となる。
第二次世界大戦後の昭和21年(1946)から、平野区民の氏神として祀られている。

社頭掲示板



平野の釣鐘

由緒
袋井宿の東佐野郡平野村に珍しき釣鐘有り。この村に熊野権現の御宮有り、その宮に古来より伝わりし鐘と云う。旱魃して雨降らざれば、曽我庄惣氏子中、打寄りて神主へ願い請け、曽我山正法寺の門前の池にてその釣鐘を洗うと、雨降るなり。今以てそ例とす。この鐘常は宮の拝殿の軒に釣して置く。また、宮の脇に鐘楼有りて鐘を釣り置く。これは新鐘にしてまことに常の釣鐘なり。この古鐘を盗賊取りて持ち行き、つぶしにせんとて斧を以て打ち破らんとしたれば、絶え入りたちまち悶絶す。盗人驚き祟なりとて、また本の宮へ返すと云う。その時の斧の疵有り、ひびれ有るゆえ音出ず。不思議なることは雨乞いの節、村の者6,7人にて鐘をかつぎ行き、さて帰りの節は殊の外軽くなり。二人して軽く持つと云う俗説有り。鐘の半腹に横に疵有り。堅へ少し明き、横に一尺五寸程切れて有り。これ斧の疵成りと云う。宮の右の脇に釣りて置くなり。銘文有り。「大日本国白河遠江州佐野郡曽我庄一王子推鐘奥道福発大願力、文明15癸卯10月13日」と有り。鐘の長さ二尺八寸なり。
(遠江古蹟図絵より)

社頭掲示板




遠江国INDEXへ        TOPページへ

学校統廃合