二宮神社
にのみやじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】三宅神社 遠江国 引佐郡鎮座

   【現社名】二宮神社
   【住所】静岡県浜松市北区引佐町井伊谷 306
       北緯34度50分13秒,東経137度40分22秒
   【祭神】多道間守命 宗良親王
   【例祭】8月10日近い日曜日 例大祭
   【社格】旧村社
   【由緒】由緒不詳

   【関係氏族】三宅氏
   【鎮座地】移転の記録はない

   【祭祀対象】氏祖
   【祭祀】江戸時代は「二宮大明神」と称していた
   【社殿】本殿流造
       外屋、拝殿、神樂殿

   【境内社】

集落奥。山中に入った神社。伊井郷の荘司三宅氏の始祖を祀る。元中2年(1385)宗長親王を合祀。2神を祀ることから二宮神社の名が起こった。


由緒

当二宮神社は多道間守と宗良親王との御二柱を御祭神としております。往古は三宅神社と称し奉り天日槍尊の四世で井伊郷の荘司三宅氏の始祖多道間守の尊霊を奉祀した延喜式の式内社に列せられた霊社であります。
第11代垂仁天皇の勅諚に応え常世の国から我国へ橘を招来したのがこの祖神多道間守で当地発祥の井伊家は式内社渭伊神社を象徴する井桁と当三宅神社の橘とを家紋と致しました。
元中2年8月10日後醍醐天皇の皇子宗良親王が井伊城に薨ぜられるや9月南帝の勅使中院為久卿、中院小将定平朝臣下向、御連枝の方、方廣寺開山圓明大師を御導師として葬送の御儀を執行い当三宅神社に尊霊を合祀奉り、爾来二柱の神霊を祭祀するため二宮神社と改称し奉りました。

全国神社祭祀祭礼総合調査 神社本庁 平成7年




遠江国INDEXへ        TOPページへ

学校DATA