春日神社
かすがじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】津毛利神社 遠江国 敷智郡鎮座

   【現社名】春日神社
   【住所】静岡県浜松市西区馬郡町1882-2
       北緯34度41分3秒,東経137度37分47秒
   【祭神】武甕槌命 経津主命 天児屋根命 比売神
   【例祭】10月第2土曜日 例祭
   【社格】旧村社
   【由緒】応永二年(1395)勧請
       天正12年(1584)造営
       慶安元年(1648)10月24日徳川三代将軍より朱印六石下賜
       明治6年3月村社

   【関係氏族】
   【鎮座地】

   【祭祀対象】
   【祭祀】
   【社殿】本殿
       拝殿

   【境内社】

『遠江国風土記伝』に、「俗説に馬郡村春日神社を津毛利神社と称す 朱符の神田の高六石、祭日は9月19日、文和風土記に象嶋の郷中に津毛里社を載す」とある。


春日神社

鎮座地 浜松町馬郡町1882−2
祭神 武甕槌命 経津主命
天児屋根命 比賣神
例祭日 10月中旬
由緒 往昔永徳元年(1381)秋甲州行脚の沙門律師日朝当地へ廻国の折神仏深理と悟し民族挙って一社を建立を願ふに 依りて後小松天皇の御年應永2甲戌年(1395)8月15日春日大明神の神札を奉祀勤請す後天正12年(1584)以来数度の改築あり慶安元年(1648)10月24日徳川三代将軍より朱印六石下賜あり代々拝領す明治6年(1873)3月村社に列す仝7年末社を合祀す 昭和8年(1933)7月18日本殿、拝殿 、幣殿改築遷宮以後現在にいたる
末社 若宮神社。八幡神社。山宮神社。天王社(例祭日 7月14日)

社頭掲示板




遠江国INDEXへ        TOPページへ

学校情報