津毛利神社
つもりじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】津毛利神社 遠江国 敷智郡鎮座

   【現社名】津毛利神社
   【住所】静岡県浜松市南区参野町 112
       北緯34度41分35秒,東経137度45分19秒
   【祭神】底筒男之命 中筒男之命 上筒男之命
   10月第2日曜日 例祭
   【社格】旧郷社
   【由緒】養老2(718)摂津の住吉大社を勧請した
       明治6年郷社四十六所神社と改称
       同11年津毛利神社と改称

   【関係氏族】
   【鎮座地】移転の記録はない

   【祭祀対象】津か?
   【祭祀】江戸時代は「四十六所大明神」と称していた
   【社殿】本殿流造 
       拝殿・随身門・御酒殿

   【境内社】須賀神社・息太夫神社・金山神社・八幡神社・日枝神社・天神社
        愛宕神社・廣田神社・伊熱大神宮・伊雑宮神社・諏訪神社・御手洗水神社


養老2(718)遠州灘の海難防除を願つて摂津の住吉大社を勧請したものであるという。
創建当時は鳥居前まで波が打ち寄せていたという。
社名は「津守」神社の意ではないか。
西舞阪より東掛塚にいたる46村の総鎮守。
江戸中期までは当社が津毛利神社であるとの伝承はなかった。


由緒

天正天皇の御代舎人親王藤原不比等公勅を奉じ遠江灘の鎮守として摂津の住吉神社より荒魂を勧請奉祀す。延喜式所載の津毛利神社是なり。西舞阪より東掛塚に至る46村の総鎮守として崇敬され、46所大明神とも奉唱さる。明治6年郷社に列せられ、戦後神社本庁所属神社となる。

全国神社祭祀祭礼総合調査 神社本庁 平成7年




津毛利神社

社名 津毛利神社
祭神 底筒男之命 中筒男之命 上筒男之命
創立 養老2年(718)
所在地 浜松市参野町 113
氏子区域 参ノ町 芳川町 本郷町 本郷東
例祭 10月10日
沿革
元正天皇の御代舎人親王藤原不比等公勅を奉じ遠江灘の鎮守として摂津の住吉神社より荒魂を勧請奉祀す。
延喜式所載の津毛利神社是なり、西舞阪より東掛塚に居たる四十六ヶ村の総鎮守として崇敬され四十六所大明神とも奉唱さる。
明治6年郷社に列せられ戦後神社本庁所属神社となる。

社頭掲示板



遠江国INDEXへ        TOPページへ

学校データ