水祖神社
みずそじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】水祖神社 隠岐国 周吉郡鎮座

   【現社名】水祖神社
   【住所】島根県隠岐郡隠岐の島町港町天神原68
       北緯36度12分11秒、東経133度19分52秒
   【祭神】水祖神 (合祀)菅原道真
   【例祭】7月25-26日 例大祭
   【社格】旧郷社
   【由緒】天文23年(1554)再建
       明治5年郷社
       明治40年神饌幣帛料供進神社指定

   【関係氏族】
   【鎮座地】移転の有無不詳

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「天満天神」と称していた
   【社殿】本殿神明造銅板葺
       通殿・拝殿・参籠所

   【境内社】

中世勧請された天満天神の信仰が次第に高まるにつれ、古代以来の水祖神の信仰は一時その蔭にかくれた。
昔、中條地区八尾川上流沿いの小さな祠に道真を祀った天神社があり、ある年の大水で その祠が当社境内まで流出、合祀したという。


水祖神社

神社の由緒
当神社は、水祖神社(ミオヤジンジャ)と称し祭神はミズハノメノカミとなっています。
水祖神社は一般的には川や水源地等水を司る神様としてお祀りされてあります。その昔、隠岐島周辺では海賊が出没し、住民は日々脅威をおぼえ、不安な生活を送っていました。又、国境の島として国防上の重要なところでしたので、朝廷から特に高官が派遣され、沿岸の治安、航海の安全に心配りをされ、力をそそぎました。その高官の中に非常に功績があり、帰京することなくここで生涯を終えられたお方があり、その人の名はわからなくなりましたが、海岸の丸いきれいな石を積上げ、古墳として遺徳を偲び神様としてお祀りしたものであります。他の水祖神社とは全く異なった神様であります。
このお宮に合祀されている天満宮は、大昔、中條地区八尾川上流沿いの小さな詞に菅原道真公を祀った天神社がありましたが、ある年たいへんな大水が出ました。山のように積まれていましたすくもやわら束が一度に押し流されこの水祖神社の境内にたくさん流れ着きました。
不思議なことに、その中から祠に入った天神様が現れました。氏子たちはおそれおおいことと早速水祖神社に合祀しました。この神社の森の裾野は満潮時には浅瀬となり、潮が引くと陸地になるので、その有様を水の原(ミノハラ)といい、ここに現れた天神様ですので、「みのはらの天神」と呼びました。
尼子家忠臣山中鹿之助幸盛が隠岐國府尾城主佐々木為清に援軍を求めて来島したとき、主家尼子家再興を祈願しに、水祖神社へ参詣したと傳えられています。
祭礼については、西町・港町の熊野神社・大川神社・東山神社。松尾神社・御崎神社・國府尾神社・水祖神社の七社が参加し、当番神社を定め、地区住民が合同で祭礼を行っております。神社の例祭日の毎年7月25日・26日に、川祭りといって八尾川の安全厄除け祈願の行事から御輿を出して、お旅祭りで町内の渡御式を行い、今日に至っております。

社頭掲示板



隠岐国INDEXへ        TOPページへ



順悠社