八幡神社
はちまんじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】稗田神社 武蔵国 荏原郡鎮座

   【現社名】八幡神社
   【住所】東京都大田区久が原2ー18ー4
       北緯35度34分47秒,東経139度41分42秒
   【祭神】譽田別命
   【例祭】9月第1土曜日 例祭
   【社格】旧村社
   【由緒】天平神護元年(765)9月豊前国宇佐八幡宮を勧請
       文久2年(1862)造営
       明治6年村社

   【関係氏族】
   【鎮座地】

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「八幡神社」と称していた
   【社殿】本殿
       拝殿

   【境内社】稲荷神社

徳川氏が入国の後、久が原は馬込領と六郷領に二分、八幡神社も、馬込領鎮守の八幡神社(当社)と、六郷領鎮守の八幡神社(久が原4丁目鎮座)に別れた。
『日本神社総覧』では当社を稗田神社に比定している。


久が原東部八幡神社

社伝によりますと、久が原東部八幡神社の草創は天平神護元(765)年。宇佐八幡宮より勧請、創建されたという事で御座います。天正18(1590)年、久ヶ原村が馬込領と六郷領に分けられた際、八幡神社も東西に分けられました。恐らくは、ここから“東部八幡神社”という呼ばれ方になったので御座いましょう。
大田区文化財  社殿
 入母屋造。茅葺(火災予防のため銅板で覆う)の社殿は、文久2年(1862)の建築といわれる。社殿は、欅(けやき)造りで、軒廻りは簡素ながら蟇股(かえるまた)、斗?(ときょう)をもち、周囲に廻縁を備え勾欄(こうらん)をつけている。向拝(ごはい)は銅板葺。厚い茅葺の社殿は区内でも数が少ない。また、花肘木(はなひじき)、宝珠柱(ほうじゅばしら)など神社建築の様式を整えており、屋根は蓑甲(みのこう)の破風口(はふぐち)に見られる深い曲縁など特色もある。
   昭和49年2月2日指定 大田区教育委員会

社頭掲示板




武蔵国INDEXへ        TOPページへ

学校DATA