若倭姫神社
わかやまとひめじんじゃ 所在地ボタン 社名ボタン















   【延喜式神名帳】若倭姫命神社 鍬 河内国 大県郡鎮座

   【現社名】若倭姫神社
   【住所】大阪府柏原市山ノ井町7-4
       北緯34度35分56秒,東経135度38分5秒
   【祭神】若倭姫命
   【例祭】10月15日 例祭
   【社格】旧村社
   【由緒】中世の状況はわからない
       明治41年、神社合併のため鐸比古鐸比売神社に合祀された
       昭和22年12月、独立復帰した

   【関係氏族】若倭部連
   【鎮座地】移転の記録はない

   【祭祀対象】氏祖
   【祭祀】江戸時代は「春日・八幡を祀る」とするが社名は不詳
   【社殿】本殿流造
       拝殿

   【境内社】稻荷社

神社は石段を上ると山腹の非常に狭いところにある。小さい本殿は背後に岩壁を置いて建っている。見晴らしが良く山下の街が一望である。
若倭彦命神社とともに若倭部連の祖神を祀る氏神とされる。
中世の事情はよくわからないが、朝廷の祭祀との関係がなくなるとともに、医王山薬師寺(瑠璃光寺)の鎭守社となつたものと思われる。
江戸時代、『河内志』によると春日・白山を祀るとし、『河内名所図会』は春日・八幡を祀るとしている当時の社名はわからない。
『大阪府誌』には比古は北方、比売は南方と書いてあるが、現在は逆である。


式内若倭姫神社

御祭神  若倭姫命
祭日  夏祭 7月31日
     秋祭 10月15日
由緒
当社の創立年次は詳らかではない。
延喜式内の古社にして、大日本史及び式内細記に清和天皇貞観元年8月丙申従五位下を授け、醍醐天皇延喜の制祈年祭並びに加鍬一口とあり、又河内志神社要録には今春日八幡(春日白山)と称しこの地の産土神とす。とある。

社頭掲示板



若倭姫命神社 鍬

若倭は前に同し、姫は比女と訓べし、〇祭神明か也〇平野村之内山井村に在す、今春日白山と称す、(河内志)
事は前に見ゆ

神社覈録



河内国INDEXへ        TOPページへ



順悠社