洲宮神社
すのみやじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】安房坐神社 (名神大 月次新嘗)安房国 安房郡鎮座
          (旧地)洲宮神社【旧地】

   【現社名】洲宮神社
   【住所】千葉県館山市洲宮921
       北緯34度57分9秒,東経139度50分17秒
   【祭神】天比理刀当ス
   【例祭】8月9日 例祭
   【社格】
   【由緒】神武天皇元年創祀
       文永10年(1253)社殿を当地に遷

   【関係氏族】
   【鎮座地】当初魚尾山に祀る
        文永10年(1253)社殿を当地に遷

   【祭祀対象】
   【祭祀】
   【社殿】本殿神明造
       拝殿

   【境内社】

神武天皇元年、魚尾山に天冨命が創祀という。
魚尾山は、当時海辺にあったため、洲神、洲宮と呼ばれた。
亀山天皇文永10年(1253)、社殿を当地に遷したという。
『洲崎神社伝記』では、洲宮神社は始め明神山の洲の辺に鎮座していたが、後に魚尾山へ遷座、文永10年(1273年)10月15日の夜に発生した火災により社殿を焼失して長らく仮宮に鎮座し、永享11年(1439年)10月に現在地へ遷座したと伝える。
教部省は、明治5年に当社を一旦式内社と定めたが翌6年には決定を覆えして、洲崎神社の方を本来の式内社と改めて決めている。


洲宮神社

市指定有形文化財
木造天部像
昭和44年2月21日指定
一木造りで、両手は肩で矧ぎつけていますが、右碗は失われ、左手もひじより先がなく、顔の損傷もひどいため像容は不明です。四天王か二天王のうちの一体、あるいは毘沙門天像と考えられます。忿怒像にしてはおだやかな感じのする像です。
像高は76.5cm。全体に彫りが浅く、藤原風の印象もありますが、体は偏平で、足が細いので動きもあまりみられず、体にくらべて頭がやや小ぶりに見えます。細部は省格されたところもあり、南北朝期から室町時代前期にかけて制作されたと考えられます。
当社に伝えられているのは、神仏習合の時代の名残でしよう。
市指定無形民俗文化財
洲宮神社御田植神事
昭和44年2月21日指定
その年の豊作を願つてなされる予祝儀礼で、毎年元日の朝に洲宮神社神前にて行われます。
羽織袴姿の作男が大声で唱える言葉に従つて、まず氏子が竹の鍬で田うないの所作をしまず。続いて牛の役の者が代かきを行い、作男が籾まきをします。牛は、伊勢の暦の恵方によつて選ばれた新婿が努めます。最後に、早苗を模した松葉を手に、氏子が田植えの所作をして、行事を終えます。
館山市教育委員会

社頭掲示板



文化財

館山市指定文化財
有形文化財 木造天部像 南北朝期から室町時代前期の作。神仏習合時代の四天王か二天王のうちの一体、または毘沙門天像とされる。昭和44年2月21日指定。
洲宮神社縁起 洲宮神社の縁起を記した文書。成立年代は不明だが、『古語拾遺』からの引用があり、平安時代以降とされる。本文のうちの3分の1は、失われた『安房国風土記』と推定されている。昭和44年2月21日指定。
祭祀用土製模造品 古墳時代後期の祭具。旧社地とされる魚尾山(とおやま)から出土。昭和44年2月21日指定。
無形民俗文化財 洲宮神社御田植神事 毎年元日の朝に豊作を願って行われる予祝儀礼。昭和44年2月21日指定。


安房国INDEXへ        TOPページへ


学校統廃合