曽許乃御立神社
そこのみたちじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】曽許乃御立神社 遠江国 敷智郡鎮座
   【延喜式神名帳】賀久留神社 遠江国 敷智郡鎮座

   【現社名】曽許乃御立神社
   【住所】静岡県浜松市西区呉松町 3586
       北緯34度46分2秒,東経137度38分21秒
   【祭神】武甕槌神
   【例祭】10月8日 例大祭
   【社格】旧県社
   【由緒】創立不詳
       貞観4年(862)従五位下『三代実録』
       天正19年の鰐口に「曾許御立」と彫つてある
       慶安元年(1648)鹿島明神領として十石の神領
       享保7年(1722)京都吉田家の宗源宣旨によつて正一位に叙せられた
       明治2年神祇官の許可を得て曽許乃御立神社の旧号に復す
       同5年郷社
       同40年神饌幣帛料供進社
       昭和5年県社

   【関係氏族】
   【鎮座地】移転の記録はない

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「鹿島明神社」と称していた
   【社殿】本殿流造
       拝殿・社務所・神樂堂・宝庫・御輿堂

   【境内社】六社神社・津島神社・天満宮

舘山寺総合公園北東に鎮座する。
社名は船のことであろうという説と、舘山寺があり、そこを舘山(たてやま)と呼んでいることから御舘神社の跡とする説がある。
天正19年(1591)までは曽許乃御立神社と称していたがその後鹿島明神社と称するようになった。
当社を賀久留神社に比定する説がある。


曽許乃御立神社

創建神護景雲元年6月21日武甕槌命常陸国を出て遠江国を過時、根本山に憩賜ぶ時の人瞻仰慕いて止まず、社殿を建立す。神に従って来た六神も呉松・神明、伊佐地・熊野、和地・琴宮、佐浜・貴船、平松・八幡、和田・西宮に祀る。
 長間曽許乃御立神社と呼ばれたが、享保7年鹿島大明神と称したが、明治2年旧号に復した。
 徳川家朱印高10石、大澤右京大夫玄米33俵、今川家130石賜りし古社なり。
 明治6年郷社、昭和5年縣社に列す。

社頭掲示板



曽許乃御立神社

當社創建について三つの社傳がある。一つは神護景雲元年(767)6月21日、武甕槌命が常陸國から京都へ行く途中、根本山(當社の北東約1.5Kmの地で、神輿台石があるといふ)に休息した時、村人が仰慕して社殿を建立したといふものである(『鹿島神社明細書』)。二つめは、常陸國の鹿島大明神が寛平元年(889)9月9日に呉松山に降臨したといふものである(『鹿島大明神縁起』)。三つめは、鹿島大明神が現在の協和町西村に船で到着して現在地に移つたといふものである(同書)。しかしながらこの三つの説はいつれも鹿島明神社の創建を物語るものであつて、曾許乃御立神社のことではない。曾許乃御立神社がのちに鹿島明神社と社名を変へてから生れてきた創建説話である。

式内社調査報告



遠江国INDEXへ        TOPページへ

学校統廃合